スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.08.26 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    麺遊会歴史見聞録 終わりに 〜感動の連鎖〜(再掲載)

    0
       こんにちは。副会長です。

      ら・フェスタ2011まで、あと6日です!


      各店、仕込みに追われながらも、

      ボランティアを募りながらの作業。


      ホント、頭が下がります(;´瓜`)


      明日から、イオン釧路昭和ショッピングセンターに

      本部用のプレハブを建てます。


      駐車場の一部を使うことになりますが、何卒ご協力のほど

      よろしくお願いいたします。


      北海道最大級のラーメンイベントを目指して

      今年も、やる気・元気いっぱいに釧路を盛り上げていきます。


      既に、帯広や旭川、札幌から

      「仕事終わってから、行くからね」とか

      「休みだから、昼ぐらいには着くと思うよ」などと

      たくさんの連絡が来ています♪

      来ていただいて、少しでも、釧路を盛り上げていただければ幸いです。




      さて、歴史見聞録も最後となりました。


      感動のラストメッセージをどうぞ♪





      記 2006年05月05日


      最後に、ら・フェスタ終了後に掲載された北海道新聞上の僕のコメントです。(抜粋)


      ***************************************************************
      最終日。すべてのラーメンが完売し、閉会式で私はスタッフの前で大泣きしました。

      数々の苦労した出来事、つらく途方に暮れた日々、

      そして、これまでの努力が実ったことが走馬灯のように頭に浮かんだのです。
       

       このイベントは、ただ単にラーメン好きの人間が集まって開催したイベントではありません。

      地元の食文化を今一度見つめ直し、何とかこの街を「釧路ラーメン」で元気づけたいと願う

      市民・店主の熱い思いが凝縮されたイベントです。


       近年、人と人がふれ合う機会が減り、世知辛い世の中になりつつある今、

      人々と感動を共有する場面が少なくなってきました。


      「街づくりは人づくり」とよく言われますが、人の思いは言葉だけでは絶対伝わりません。

      自らが強い意志を持って率先して行動し共に汗をかき、

      そこから得る感動を共有し合うことこそが「人づくり」の原点であると考えます。


      まさにこの「感動の連鎖」こそが、このイベントの本当の意義であり、

      私が願う最大のテーマでした。

       今回で「ら・フェスタ」はひとまず終了しますが、

      これからも街のため、地域のため、子供たちのため、何らかの形で

      活動を続けていくことを約束し、お礼の言葉とさせていただきます。

      ***************************************************************


      〜強い意志と行動力。そして仲間の熱い友情〜

      ちょっとドラマのようでクサいが、この「ら・フェスタ」は、まさに夢が現実に変わった瞬間でした。


      いやいやホントに熱く語ってしまいましたね=。長々と申し訳ありません。

      たかがラーメン、されどラーメン。この意識の変革こそが

      街の原動力になっていくんじゃないでしょうか。



      〜おわり〜









      感動を共有し合うことこそが
      「人づくり」の原点であると
      共感出来た方は是非クリックを♪



      クリックをお願いいたします。
      にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ



      こちらも参加しています♪

      釧路ブログ100 bet
      a

      更なる飛躍へ 〜ら・フェスタ2005〜(再掲載)

      0
         こんばんは。副会長です。

        連日連夜、午前様になってまいりました。

        熱い議論を交わしていた幹事会が、今さっき、終了いたしました。


        確認事項や説明事項が盛りだくさん♪


        その辺は、tera市民幹事が紹介してくれることでしょう。


        ちなみに、明日(今日ですね)の週刊Fitは必見です。


        ら・フェスタ2011と麺遊会について、当会会長が熱く語っていますので

        ぜひ、ご覧くださいませ。




        さて、歴史見聞録も終盤です。

        つづきをどうぞ♪





        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

        さてさて、久留米のラーメンフェスタに圧倒され、釧路でも

        ラーメンを軸とした街づくりを決意した彼は2005年、

        描いていた壮大な夢を実現いたします。



        では、第6回をお楽しみください。




        記  2006年05月05日

        構想から3年。準備に1年以上をかけ、

        関係機関、諸団体の理解を得て、

        いよいよ「ら・フェスタ2005」が開催されることとなります。



        「釧路ラーメンフェスティバル ら・フェスタ2005」。



        これをご覧の皆さんの中にもご参加頂いた方いるかも知れませんが、

        街の活性化への一助と、釧路ラーメンの更なる発展の為に、


        ゞ路ラーメンを「食べる」 ◆ラーメンフェスティバル◆

        釧路ラーメンを「考える」 ◆ラーメントークショー◆

        6路ラーメンを「楽しむ」 ◆ステージイベント◆


        の3つの事業を柱に、2005年10月1〜2日の2日間に渡り、

        釧路フィッシャーマンズワーフMOOエプロンで

        開催した大規模ラーメンイベントです。




        出店数は、地元店のべ14店と招待店としてお世話になった


        久留米「大砲ラーメン」、

        函館「マメさん」、

        そして東京「でびっと」

        の3店、

        計17店舗により開催され、

        2日間のラーメン提供数は約15,000食、来場者数は27,000人。



        そして参加したボランティアスタッフ数

        のべ200人以上と、「釧路ラーメン」をPRするには

        十分すぎるほどの効果があったと考えます。




        今回初試みとして、釧路公立大学小磯教授のご協力により、

        イベント開催経済効果を発表しました。


        つまりこのイベント開催したことによる地域経済への

        波及効果はどの位あるのか調べました。

        今回のら・フェスタの総事業費が約1,000万円に対して、

        その効果はなんと約7,000万!。


        よくある他のイベントでの主催者発表の数字とは違い、

        来場者にアンケートを取りその集計を行って出した数字なので

        かなり信頼性のある数字だと思います。



        また、来場者数の約8割が釧路地域の人々で、

        その中で僕たちの活動に理解を示している方が9割と、

        いかに「釧路ラーメン」が地域に愛されているかが形となって現れました。



        今でも、来年はないの?。と色々聞かれますが、本当にないです(笑)。


        まずこのイベントは、この数年間の集大成として開催したこと。

        そして不可能を可能するモチベーションは

        とても継続出来るものではありません。


        1度きりだからこそ価値があると思いますし、その役割も果たしたと考えます。



        ただ、これからも「釧路ラーメン」をテーマにした活動はこれからも続きます。
         
        また違った形で皆さんととも歩んでいきたいと思ってます!。


        〜つづく〜





        実際、今の形の「ら・フェスタ」もここが原点となっているといっても

        過言ではないと思います。

        屋外で、ラーメンイベントを開催したということ自体、釧路では

        初めてのことでした。


        あの、ら・フェスタ2005から、もう6年にもなるんですね〜。


        クリックをお願いいたします。
        にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ



        こちらも参加しています♪

        釧路ブログ100 bet
        a

        更なる飛躍へ 〜久留米ラーメンフェス〜(再掲載)

        0
           こんばんは。副会長でございます。

          お盆も明けて、急に周りが「ら・フェスタ」モードに突入です。

          みなさま、いかがお過ごしでしょうか。


          さて、ら・フェスタ2011まで、あと9日です。


          迫りに迫ってまいりましたので、更新を早めて、

          今年の情報をどんどん流していきますので

          みなさま、クリックの程、よろしくお願いいたします。


          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          さてさて、「ラーメンのために頑張ってくれてありがとう。」と岡田社長に

          言われ、大砲ラーメンの香月社長との出会いを果たした彼は・・・・・・・・・




          第5回のはじまりです。



          記   2006年05月05日


          〜久留米ラーメンフェスタ〜

          ら・フェスタ構想をより具現化出来たのは、

          やはりこの「久留米ラーメンフェスタ」があったからこそだろうと思う。




          1999年に同イベントを初開催し、

          一昨年まで6回開催したラーメンの一大イベントである。


          昨年は、国民文化祭の一環で開催し、

          全国の超有名店が二十数店集合。

          来場者数も10万人程度集客したらしい。
           
          僕も昨年、一昨年と久留米にお邪魔したが、久留米のパワーには本当に圧倒された。




          そのフェスタのココまで育て上げたのが、

          大砲ラーメン香月社長である。


          香月社長はとにかく熱い!。そしてすばらしい人格者である。

          だからあれだけの有名店を1度に集めることが出来るのだろう。

          普通、ここまでメジャーになると、

          僕らのような凡人は相手にしてくれないと考えていたが、

          初めてお会いした時も、こちらが恐縮するくらいの気遣いやおもてなしを頂いた。

          本当に人生の先輩として尊敬しております。




          こんな言い方は大変失礼に当たるが、

          ラーメン店主さんの発想を超越した考え、

          行動力を兼ね備え、またそんな社長を支える

          メンバーもすばらしい方ばかりである。




          釧路にも2度お越し頂いたが、僕も含めて、

          当会の店主もかなりいい刺激と勉強をさせてもらいました。




          久留米市は、人口規模も釧路と同規模(今は合併して30万だが)で、

          近くには大都市福岡市が隣接し、経済が衰退し人口も減少が続き、

          どうにかして久留米を元気づけられないかと考え、

          かつて所属していた当時の久留米JCメンバー、久留米市、久留米商工会議所などと

          タッグを組んで、このイベントを企画したらしい。

          最初はやはり理解を得られず、相当な苦労があったようだ。
           




          今では「とんこつラーメン発祥の地」という強みを生かして、

          街の活性化に取り組んでいる。



          この一体感と行動力。ちょっと釧路では考えられないが、

          これも久留米の街のチカラだと感じた。



          今年の秋も是非、久留米にはお邪魔したい。

          逆に釧路も「また訪れたいな」と思われるまちづくりを目指したい。



          〜つづく〜





          クリックをお願いいたします。
          にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ



          こちらも参加しています♪

          釧路ブログ100 bet
          a

          市民会員の特典

          0
             お盆ですね。


            でも、普通どおり仕事の市民幹事のTeraです。


            突然ですが、麺遊会の市民会員って知っていますか?


            麺遊会とは釧路をラーメンで盛り上げる為に立ち上がった団体。


            ラーメン店主さんと市民が融合し作り上げる団体


            なのです。


            ら・フェスタの為の麺遊会 なんて思っている方もいると思いますが


            実は・・色々やっているんです。


            って自分も入ってみて分かったのですが・・・(笑)



            どんぱくでの出展協力、釧路で頑張っている団体への支援、新作ラーメンの研究


            マナー講習会、飲食店における経営の勉強会


            あとは・・献血や中々実現はしませんが・・・キャンプなんてやろうと言う企画もあります。



            最近では釧路のアイスホッケーチーム 日本製紙クレインズとラーメンをつなぐ企画。

            ラーメンハットトリック!


            など・・・

            (この企画 誰かが絡んでいるからか?)



            そして、市民会員様への会員サービスの向上!


            日々努力し考えています。



            これらの企画の活動源は!


            店主会員、賛助会員さま、市民会員さま


            からの会費によって成り立っています(間違っていたらごめんなさい)



            さて!

            先ほどから出てきている この「市民会員とは!」



            市民(釧路市民じゃなくても可)が、釧路を盛り上げる為に頑張っている


            麺遊会を応援できる制度。


            入会金1000円、年会費1000円


            ちょっと最初は2000円掛かってしまい、お高い感じがいたしますが


            そんな事はありません。


            ちゃんと市民会員さまへは特典があるのです。


            各店舗それぞれ違うのですが


            会員カードを掲示すれば、通常サービスとして


            例えば・・・


            ライスおかわり自由!何杯でも!?

            特大炙りチャーシュー!これはすごい!

            大盛、特盛!


            などなど 掲示だけでお得なサービスが満載なんです!



            でも、それも最近マンネリなのでは??


            と言う声が幹事会から聞こえてきまして・・


            長期間における討論がありました。


            麺遊会とは?


            と言うところまで掘り下げ、遅くまで、熱い討論にまでなったこともありました。


            そこで生まれたのが


            会員様 限定 裏メニュー 題して 


            「うら麺」


            困った時のアイデアは副会長が持ってきます!


            さすがです!



            このうら麺が 先月から登場しました!


            何があるかは、お店に行ってみなければ分からない!


            でも、メニューに無い特別なラーメンが、会員様だけが食べられちゃうんです!!


            ちなみに 私 先日


            今年度から麺遊会会長に就任いたしました「車田」さんのお店

            星が裏にある 「ら〜めん・ぎょうざ ばかあたり」で裏メニューを食べてきました。

            ばかあたり あえ麺

            合え麺!


            ピリ辛で最高にうまかったぁ!


            そして、先日会員様の下へ封筒が届いたと思います。

            中には2枚のチラシと1枚のカード。





            1枚目

            ら・フェスタの告知ミニポスター

            いまからワクワクするお品書きばかり!

            2枚目

            うら麺のご案内と通常サービスの告知

            行けば行くほどお得になる!


            3枚目

            ら・フェスタラーメン 1杯無料券!

            わぉ!


            1杯と言う事は450円分がお得になっちゃうんです!


            これだけで年会費1000円なんて安い!


            なんて思いませんか?



            現在もいつでも市民会員は募集しております。


            ぜひ!麺遊会加盟店で店員さんへ声をかけてみてください。


            みんなで釧路ラーメン麺遊会を支え!


            ちょっとお得な優越感に浸りましょ〜。


            では。

            更なる飛躍へ 〜他都市との交流〜(再掲載)

            0
               こんばんは。副会長です。

              今日は、釧路にしては珍しく暑い暑い1日でしたね。


              釧路の人は、暑さに弱いので、

              体調など崩さないよう、ら・フェスタ2011当日を

              迎えてください。


              そんなこと言っているうちに、ら・フェスタまであと16日となりました。


              着々と準備を進めていますが

              みなさん、それぞれ自分の仕事をしながら

              このら・フェスタ作業をやってくれています。


              本来であれば、すべてイベント会社に発注して、当日を迎えると良いのですが、


              ここが、釧路ラーメン麺遊会の厳しくもあり、良いところなのです。


              市民幹事のみなさんは、すべてボランティアで

              会場図面を作り、要るもの、要らないものを精査し、

              プレハブや設備、宣伝、その他経費の見積もりを取って発注し、

              打ち合わせ用の資料を作り、幹事会に図ります。


              幹事会では、店主会員と入り混じって

              細かなところまで議論をし、決定していきます。


              そうして、この「ら・フェスタ」は出来上がっていくのです。


              「釧路をラーメンで盛り上げよう!」


              名誉会長が掲げた、その旗のもと、一丸となって

              ラーメンで街を盛り上げていきますので、

              みなさま、よろしくお願いいたします。



              さてさて、前置きが長くなりましたが、続きです。どうぞ♪



              −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              第3回は「北海道遺産」の担い手団体として認定証を授与しました。

              更なる構想を抱き、彼が次にしたことは?????



              第4回のはじまりです!!





              記 2006年05月05日


              次に考え出したことが、「全国区のラーメン店・関係者との交流」でした。


              今後、釧路ラーメンの知名度を向上していくためには、

              全国区のラーメン店と同じ土俵に上がらなければと考え、

              まずは道内のラーメン関係者を集めた

              「北海道ラーメンフォーラム2002」を企画致しました。
               


              その参加パネリストとしてまず始めにアタックしたのは、

              ラーメンの「甲子園」である新横浜ラーメン博物館(以下、ラ博)の出店を

              既に終えた地元北海道、函館の「新・函館ラーメンマメさん」の岡田社長でした。



              現在もそうだが、あの当時もラ博で爆発的な人気を博して

              一躍全国区のラーメン店となったマメさん。

              その岡田社長にどうにかして会えないものかと考え、

              僕は、自分の思いを詰め込んだ手紙をいきなり送りました。


              今、考えると自分はなんて無礼者なのかと考えてしまいますが、

              そんな突然の申し出にもかかわらず

              岡田社長は快く引き受けて下さいました。





              「ラーメンのために頑張ってくれてありがとう」。





              これは当時、僕が言われた言葉です。

              別に函館のために頑張っているわけではないのに、

              なんて心の広い方なのか!と絶句したのを今でもはっきり覚えています。



              そして、旭川の味乃やまびこ加藤社長

              ラ博の当時の広報担当武内さんにもお越し頂き、

              2002年10月に北海道ラーメンフォーラムを開催し、

              まずは全国への扉を開きました。



              その後、函館ラーメン総研旭川ラーメンバーズなど

              市民レベルでの付き合いも深まり、

              お互いの街を訪れる関係を構築していきました。




              さらには函館の岡田社長との出会いがきっかけとなり、

              翌2003年に、今やラーメン界の頂点に立つ1人、

              大砲ラーメンの香月社長と出会うこととなります。





              〜つづく〜




              今年はなかなか1位が難しそうです。
              クリックをお願いいたします。
              にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ



              こちらも参加しています♪

              釧路ブログ100 bet


              更なる飛躍へ 〜北海道遺産〜(再掲載)

              0
                こんにちは♪ 副会長です。


                tera市民幹事が前回書いたように

                ボランティア募集してます♪


                長丁場のイベントで欠かせないボランティアスタッフ。

                ラーメンとおにぎり、ドリンク程度しか、おもてなし出来ませんが

                ボランティアスタッフが居てこそ、このイベントが成り立ちます。

                言い換えれば、このイベントはボランティアスタッフにすべて懸かっている

                といっても過言ではありません♪


                ぜひ、このイベントのお手伝いをしたいという方、

                ら・フェスタの裏側を見てみたい!?という方、

                ラーメン店の素顔を見たい方!?などは


                lafesta@kushiro-ramen.com までメールまたは

                事務局(ラーメン純水 0154-46-2573)までご連絡ください♪






                さて、第3回のはじまりです。!!

                何?という方は前のブログを見てください。



                ----------------------------

                記   2006年04月29日


                当会は本当に多くの仲間がいます。
                 
                もちろん当会員メンバーはそうですが、

                会の外部にもたくさんの良き理解者・協力者がいます。



                昨年秋に釧路で開催した

                釧路ラーメンフェスティバル ら・フェスタ2005」は、

                まさにそう言う皆さんの支えがあったからこそ

                開催出来たイベントと考えます。




                このイベントの作業期間は

                実質1年ちょっとですが、

                構想は既に当会の設立前からありました。

                つまり「釧路ラーメンの立ち上げ・PR」と

                ら・フェスタ開催」は1つの直線上に最初からあったわけです。





                〜釧路ラーメンの普及〜

                当時の話を少し。

                最初に、釧路ラーメンをより多くの人に

                理解してもらうためにどうしたらいいか。

                まず先に僕たちは「釧路ラーメンは、北海道第4のご当地ラーメン!」として

                新聞・マスコミに発表しました。




                実際、当時は何を見ても札幌・函館・旭川の「北海道3大ラーメン」が紹介

                されておりましたので、まずは僕らが宣言しようと思ったわけです。




                当然、取材対策も先にしておきました。
                 
                今、世に出てる「釧路ラーメンの歴史」などは、

                当時僕らが関係者を片っ端から調べ、

                話を聞きまとめ上げたものです。



                当時は釧路ラーメンを紹介するものは何もありませんでした。



                釧路ラーメンは、味はもちろん、歴史的に見ても、

                市民の支持度などを見ても、当然、「ご当地ラーメンである」と

                納得してもらえるものを用意した訳です。
                 


                そして何度も何度も同じ事(釧路ラーメンの紹介)を

                マスコミ関係者に話し時間をかけてやってきました。
                 



                結果、今では4大ラーメンの一つの数えられ、

                またその僕らの地道な活動も評価され、

                当会の設立時には、

                北海道遺産である「北海道のラーメン(釧路ラーメン)」の担い手団体として、

                当会は北海道遺産より認定証の授与を受けました。




                〜つづく〜

                釧路1位を今年も狙ってみます♪
                クリックをお願いいたします。
                にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ



                こちらも参加しています♪

                釧路ブログ100 beta




                共に築こう 歴史への一歩 〜ボランティア募集

                0
                   市民幹事でラーメン大好きの・・・・Teraです


                  どもです。


                  このブログを見てくれる方が結構いるようで。。。


                  ありがとうございます。


                  さて、現在 このイベントの「ボランティア募集」しているの


                  知ってましたか???


                  元気さえあれば誰だって出来るんです。


                  そこのあなた! このイベントに一役買いませんか?


                  無料でラーメン 食べれちゃう と言うオプションつきですよ・・・


                  なんて


                  そんな物で釣ろうとは思ってません。


                  このイベントには毎年 7万人もの来場者が来るんです!!


                  7万人ですよ!


                  麺遊会の単独イベントに!


                  凄いですよね!


                  でも、その影にはボランティアの方々の力が不可欠なのです。


                  目には見えない影のところでゴミを分別してくれたり


                  会場前にテントを建てたり


                  ゴミを拾ったりテーブルを拭いたり


                  最後はヘロヘロになった体にムチをうち撤収作業をするんです。


                  本当にみな素晴らしい気持ちの持ち主です。


                  でも・・・


                  現在ボランティア 少ない状況です。


                  みなさん 一緒にこの4年目の偉業を築きませんか??


                  上の文章だけみたら ちょっと・・・きついな・・・なんて思っているかもしれませんが


                  資料を見ると!


                  8月27日(土) 8:00〜16:00
                  8月27日(土) 13:00〜21:00
                  8月27日(土) 18:00〜3:00
                  8月28日(日)  8:00〜17:00

                  の4つに区分けされています。


                  皆さんの条件にあった時間帯で参加を検討してみください。


                  ペコリ



                  なお 申し込み、問い合わせは


                  釧路ラーメン麺遊会 事務局

                  ラーメン純水

                  TEL/FAX 0154-46-2573

                  となっています。


                  でも、このブログで問い合わせも可能ですし


                  cranes@horae.dti.ne.jp ←Tera


                  まで連絡頂ければ 私が対応しますよ。


                  ではでは。


                  新しい事を乗り越える為に

                  0
                    こんばんは


                    市民幹事のTeraです。


                    今日は麺遊会 定例の会議です。


                    この時期になると毎年2週間に1回ペースが週1回の会議となり


                    ら・フェスタまでラスト1週間となると会議は毎日となり


                    前々日となると、泊り込みにもなるんです。


                    お店の仕込みから営業が終わった後にみんな集まり


                    23時過ぎまで熱い討論。


                    この会議の時間は皆、お店の営業の話ではなく


                    真剣に釧路をラーメンで盛り上げる為だけにベクトルがむいている。


                    今年は各店 お店では出していない 「新作」 を提供する。


                    それは、言うほど 簡単な事ではない。


                    いつも出しているスープなら、麺なら 量を増やすだけ(これも簡単な事ではないが)で提供できるが


                    お店で出した事のないラーメンを、2500食以上作ると言う事は容易じゃない。


                    自分で研究し、試作し それをお客様に出すのだから。


                    それに


                    「うちは長年この味で勝負している」


                    といったラーメン屋さんには


                    ものすごく抵抗もあるし頭を悩ましたと思う。


                    何でもそうだが、新しい事をするのは抵抗がある。


                    しかし、それを乗り越えるには、強い志と熱意があれば出来る。


                    麺遊会にはそれがあり、もしも乗り越えれなさそうな時は


                    仲間を支える力もある。



                    今回の新作 みなさん期待してください!!


                    釧路をラーメンで盛り上げる為に立ち上がった麺遊会のフェスタと


                    苦労の末に生まれた新作を10店舗まとめて食べれるのは


                    8月27日、28日しかありませんよ!


                    お待ちしております!

                    更なる飛躍へ 〜意識の変化〜(再掲載)

                    0
                      こんにちは。副会長です。

                      今日は、くしろ港まつりですね。


                      あいにくの天気ですが、お祭りに行って

                      少しでも夏らしい気分で過ごされるのも

                      良いと思います♪


                      さて、再掲載ですが、

                      過去、釧路ラーメン麺遊会がどのようにして

                      今に至るかを綴る歴史見聞録♪

                      つづきをどーぞ♪



                      −−−−−−−−−−−−−−−−−

                      前回、第1回の釧路ラーメンイベントの感動の開催や

                      釧路ラーメン麺遊会」設立を成し遂げた 彼は…。




                      さてさて、皆さま お待ちかねの第2回のはじまり はじまり〜








                      記  2006年04月28日


                      当会はよく新聞雑誌等で、

                      釧路ラーメンの愛好家」と紹介されることが多々あります。

                      もちろんそう言った面も持ち合わせておりますが、

                      実はもっと奥深いところに当会の本当の趣旨があるのです。




                      1つは、先日の独り言(?)でもお話ししましたが、

                      まずは、業界の立ち上げ→意識改革を促すことです。

                      ラーメン屋さんは基本的に1匹オオカミ的な商売をしていると紹介しましたが、

                      ここに僕たち市民が「潤滑油」として参加することで、

                      ラーメン店主さんも参加しやすい環境を作りました。





                      今までは黙っていても商売が成り立っていたかも知れませんが、

                      地域の活力がなくなるこれからの時代はそうはいきません。

                      自分たちの事はまずは自分たちが行動していかなければならない事、

                      そして1人では小さなチカラだけど、

                      多くの人と協力しあう事で大きなチカラとして行動していく事の重要性を

                      まずは認識して頂きたかったのです。





                      最初は、「利益が伴わない活動なんて」と

                      理解を得られない店主の方もたくさんいました。


                      でも、設立から4年目、当会の店主の皆さんは

                      常に向上心を持ち、まずは自分たちで頑張ろうという

                      高い意識に変化してきております。









                      当会の活動の1つに「例会」と言う事業があります。

                      それは勉強会であったり、時には懇親の場であったりですが、

                      以前行った例会では、あるお店にお邪魔して、

                      そこで提供しているラーメンを実際に試食し意見交換をしたり、

                      店の厨房の様子やスープの作り方まで他の店主に紹介し

                      意見をもらうという、今までは考えられない様な事を、

                      現在、当会では行っております。












                      また、あるイベントに参加した店舗の応援のために、

                      自分の店を休んでまで手伝いをすると言うことも

                      最近では普通になってきました。




                      目先の利益を求めるのではなく、

                      何を僕らはするべきかをしっかり認識してきた証拠だと僕は考えます。




                      決してマスメディアでは伝えきれない当会の自慢の1つです。




                      ある店主さんは、いつも笑顔でこう言ってくれます。




                      「みんな(市民は)無償でやってくれているのに、

                      本業の俺ら(店主)が頑張らないでどうするんだよ。」





                      まさにやって良かったと思う瞬間です。 




                      〜つづく〜



                      つづきを読みたい方は
                      クリックをお願いいたします。
                      にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ



                      こちらも参加しています♪

                      釧路ブログ100 beta



                       





                      誕生♪ 釧路ラーメン(再掲載)

                      0
                        こんにちは。副会長でございます。

                        いつも、ご覧くださり、誠にありがとうございます。


                        さて、当会も2003年に結成してから8年目。


                        昨年のブログの時にも掲載いたしましたが

                        8年経つと、設立当初のことなど、忘れがちになることと

                        また、8年にもなりますと、転勤などで

                        初めて「釧路ラーメン」 と「釧路ラーメン麺遊会」を

                        知った方もいることでしょう。


                        そこで、当会の名誉会長であり、釧路ラーメン麺遊会を

                        設立した西田が記した日記を、今年も掲載していきたいと思います。


                        前に読んだ方も、1年経った今、もう一度読んで

                        釧路ラーメンという名前や「釧路ラーメン麺遊会」が

                        どのように設立され、発展していったのかをごらんください。







                        −−−−−−−−−−−−−−−−−−
                        記 2006年04月26日 

                        今でこそ「釧路ラーメン」って言葉は定着しましたが、

                        僕らが活動を始めた6年前、「釧路ラーメン」は全く無名で、

                        googleで検索しても数件のヒット数。



                        釧路市民にとっても普段何気なく食べているただのラーメンでしかありませんでした。



                        当時、某インスタントラーメンのCMでも

                        ♪札幌、函館、旭川ぁ〜、○○のラーメン屋さん♪って紹介され、

                        どうして釧路は入ってないのだろう、

                        こんなに旨いラーメンなのに、と疑問に思う日々が続きました。




                        釧路を愛する自分としては、たかがラーメンだけどそれが許せず、

                        ラーメンもPR出来て、なおかつ何とか釧路を元気に出来ないものかと

                        悶々としているそんな時、市内浪花町にある「十六番倉庫」と出会いました。


                         

                        あの古ぼけた雰囲気のあるれんが倉庫の中を見たとき、

                        ここでラーメンイベントを開催し「釧路ラーメン」をPRしちゃおう!

                        と思いついたのがそもそもの始まりでした。




                        でも言うのは簡単だけど実現までは語り尽くせぬ苦労がありました。

                        まず、当時、釧路のラーメン屋さんは横のつながりが全くなく、

                        僕たちが熱い思いを胸に市内のラーメン店を巡ってイベントへの出店を呼びかけても、

                        意図がよく理解してもらえなかったり、何かのセールスに間違われたこともありました。




                        また、「うちは今のまま商売ができればいいから、そっとしておいて」と断る店も多く、

                        人脈もない、資金もない、これでホントに開催できるのか不安になり、

                        寒空の下、1人途方に暮れていたことを今でもはっきり覚えています。




                        それでもめげることなく何度も何度も店を回ったり、

                        またその間色々な人に支えられながら、

                        構想から約8ヶ月後の平成12年11月、

                        十六番倉庫の中に手作りの屋台を組んで

                        「釧路ラーメンれんが横丁」が開催されました。

                        今まで脚光を浴びずに埋もれていた「釧路ラーメン」は、

                        ここでついに世にデビューを果たしたのです。




                        翌朝の北海道新聞1面にイベントが紹介された時は、ホント泣けました。

                        第1回麺の細道


                        この後、イベントを3回開催、

                        来場者も年々増加し、

                        市民の皆さんも普段食べているラーメンを、

                        改めて「釧路ラーメン」として認識するようになってきました。




                        また、この間の活動を通して協力してくれるラーメン店主も増え、

                        この活動を一部の市民活動だけに留めるだけでなく、

                        業界の協力なしには到底発展はないと考え、

                        市民・店主問わず仲間が集まり、

                        平成15年4月に「釧路ラーメン麺遊会」が設立されました。




                        ここからまた「釧路ラーメン」は新たな発展を遂げていくことになります。



                        〜つづく〜



                        つづきを読みたい方は
                        クリックをお願いいたします。
                        にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ



                        こちらも参加しています♪

                        釧路ブログ100 beta




                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>

                        カウントダウン

                        カウンタ

                        開催場所

                        顔文字教室

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 釧路ラーメン麺遊会10周年記念 釧路ラーメンフェスティバル ら・フェスタ2013 ご来場御礼
                          副会長
                        • 釧路ラーメン麺遊会10周年記念 釧路ラーメンフェスティバル ら・フェスタ2013 ご来場御礼
                          Himagine

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM